森井 睦   Mutsumi Morii

一般社団法人ピープルシアター代表理事 日本演出者協会 国際部 (社)日本演劇協会 会員  

moriisiberia日本演出者協会理事、国際部長、日韓演劇交流センター副会長を経て現在に至る。

1963年「劇団ぶどうの会」に入り、解散後、演劇集団「変身」代々木小劇場に創立参加。1971年「劇団三十人会」に入団。劇作家としては宮本研、秋浜悟史に影響を受けながら1972年頃より精力的な活動を展開する。1981年、ピープルシアターを仲間とともに創立。以後、劇作、演出にと、ピープルシアターの中心となって演劇活動を続けてきた。199411月、テアトロより森井睦戯曲集「鳥は飛んでいるか」が出版。

1994年からはピープルシアター以外の演劇にも関わるようになる。パルコ劇場「毛皮のマリー」でドイツの演出家ハンス・ペーターの演出補を。95年、いしだ壱成、麿赤児、中村栄美子による「ワンダリング・アイズ」の演出。961月、パルコ劇場「毛皮のマリー」の再演。9月、美輪明宏主演・演出による「愛の賛歌・エディットピアフ」の演出補。97年6月、美輪明宏主演・演出による「黒蜥蝪」の演出補。994月、NHKホールにおいて着物ショー「竜のひとみ」の作・演出。20005月、パルコ劇場、美輪明宏主演・演出「愛の賛歌・エディットピアフ」の演出補。013月、パルコ劇場、美輪明宏主演・演出「毛皮のマリー」の演出補。0212月、034月、バトンミュージカル「季節の恵み」の作・演出。048月、中国の石林市より招待され、「阿詩瑪」を上演。0611月、ベルギーのブリュッセルにある「大熊座」に招待され、ピープルシアター独自に創りだした「天真五相」のワークショップを開催。109月、ロシア国立ミヌシンスクドラマ劇場との合作公演「シベリアに桜咲くとき」をシベリアのミヌシンスクとクラスノヤルスクのプーシキン劇場の二箇所で上演。118月、同公演を東京、松本、京都で上演。123月、初めてのアイルランド戯曲、血の日曜日事件を扱った「カルタゴの人々」。7月には船戸与一原作の第二弾、新宿二丁目のゲイの差別と哀切を描いた「新宿・夏の渦」。13年1月、「女のほむら〜高橋お伝・切なき愛のものがたり」を小山明子18年ぶりの舞台主演で上演する。また6月にはNHKスペシャル「未解決事件」の初テレビ脚本を書くなど、常に社会の中での演劇の持つ意味を考えながらの作品を創り続けてきた社会派劇作家として活躍している。

back